Main menu:

文字拡大

2012年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

サイト内検索

アーカイブ

ブログランキング

キンノスケ VS ノラ

twitterで情報発信中、フォローしてね!
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - キンノスケ VS ノラ
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

我が家に新しい居候がやってきました。

昨年の12月のはじめごろ、自宅にかえってみると見慣れない猫がガレージで餌を食っていました。セイコバーとユミさんの話によると「数日前から家の周辺をうろついていて、みょうに人懐っこくてかわいいので餌をあげたらまとわりついてきて離れようとしないので、しばらくは車庫の中で餌だけあげようかと思っている」との話です。

我が家にはすでにキンノスケというれっきとした由緒正しい?飼い猫がいるので私としてはあまり気乗りがしなかったのですが、猫の世話をするのは私ではないので勝手にすれば!と黙認することにしました。

この猫、みたところ生後数ヶ月のオスの子猫だったのですがなにしろ体の小さいわりに大食漢で、いくら餌をやってもガツガツと食べてしまい一ヶ月たらずで二倍ほどの大きさになってしまいました。最初は家に中には入れないなどといっていた二人ですが、気がついたらすっかり家の中を我が物顔でのし歩いています。飯時にはキンノスケより早く食卓に来ますし、夜はセイコバーの布団で寝るし、たぶんこうなるのでは?と思っていましたが、やはり!と言うかんじです。こうなるといつまでも名前をつけないわけにもいかないので「ノラ」とよぶことにしました。「おまえは野良猫だったのだからそこのところをよーくわきまえるのだぞ!」というわたしの思いと「キンノスケの立場はどうなる?」という心配からあえて「ノラ」とつけたのですが、このノラ、とんんでもなくあつかましいやつで、自分の餌をサッサと食って、今度はキンノスケの分まで食べるのです。とりあえず私たちがたべるものは何でもほしがるし、何でも食べます。当のキンノスケはとくに気にしてないようでなるべく無視しようとするのですが、ノラのほうがキンノスケにちょっかいをだしたり、じゃれついたりするので、うざい!といった感じで、ちょっとした冷戦状態といったところです。これからこの二人の関係はどうなることか?。

 

コメントをどうぞ

※メールアドレス、URLは必須ではありません。お気軽にコメントして下さい。





Get Adobe Flash player