Main menu:

文字拡大

2011年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

サイト内検索

アーカイブ

ブログランキング

春の産卵が始まりました!

twitterで情報発信中、フォローしてね!
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 春の産卵が始まりました!
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

例年より10日以上遅れて春のゴカイの産卵が始まり、まもなくピークを迎えようとしています。

             ( 左のがオス、真ん中がメス、右が普通のゴカイ)

白いハッポウの箱の底に少し黒っぽく、びっしりと張り付いているのが受精卵です。卵の大きさは、約200~300ミクロン、この一箱に5万~10万個の卵が入っています。

この箱で600個~800個を採卵します。8月~9月にも同様の作業が必要となります。

今年は年末から2月にかけて寒さが厳しく、海水温も低い状況が続いていたため、産卵時期も遅くなると予測しておりましたが、やはりそのとうりとなりました。産卵の遅れはそれほどの影響はないと考えていますが、いちばん困ったのは、雨量が極端に少ないことです。今年3月の総雨量は15ミリ程度で、ほとんど雨が降っていません。

孵化したゴカイを池に放流する前に必ずしなければいけないことが養殖池のクリーニングです。

同じゴカイ養殖業者でも、養殖池のクリ-ニングに塩素系の薬品を使用したりするところもあるようですが、「マスオくん」の養殖場では、すべて真水を使用しており、池の砂の塩分がなくなるまで3~4回水替えを行います。

今年は養殖場の脇にある小川の水が涸れてしまい、やむをえず水道水を注入していますが、時間がかかり、苦労しています。

まあ、これも自然相手ですから、仕方の無いことです。はやくまとまった雨が欲しい!。

こうなったら雨乞いの儀式でもやるしかないか!

コメントをどうぞ

※メールアドレス、URLは必須ではありません。お気軽にコメントして下さい。





Get Adobe Flash player