Main menu:

文字拡大

2011年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

サイト内検索

アーカイブ

ブログランキング

私達にできること パート3

twitterで情報発信中、フォローしてね!
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 私達にできること パート3
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

地震、津波、原発事故、さらに風評被害と、被災地はまさに何重もの苦難に直面しています。

何とかならないのか!という思いで過ごす毎日ですが、、

とりわけ原発事故に関しては、もはや人災?といってもいいような状況、局面となっています。

「自然を人間の力で組み伏せることはできない!」。このことは30年間ゴカイ養殖をやってきて何度も思い知らされたことです。

かつて、養殖場の建物の大半がビニールハウスだったころ、たびたびの台風の来襲により、ビニールが何度も剥がされたり、飛ばされたりし、そのつどの復旧作業に何日もかかり、「何とか飛ばされないようにしなくては!」とビニールを留めているバンドを、より丈夫なロープに取替えました。

これで一安心!と思っていたところ、猛烈な台風の来襲でビニールどころか建物そのものが倒壊してしまいました。強い風に飛ばされないように!とビニールが頑張ったことにより、今度は建物の強度を超えてしまったということです。

また、その何年か後にも一時間の雨量が100ミリを超えるという猛烈な集中豪雨に見舞われたこともありました。このときは養殖場の半分ほどが水浸しとなり、かなりの被害が出ました。そうしたことは想定し、水路、側溝はじゅうぶん排水できるように設計していたのですが、養殖場の裏手にある山林から大量の雨水と一緒に枯れ木、枯葉が一気に流れ込み、本来なら川に流れるはずの水路、側溝をふさいだために、逃げ場をなくした大量の雨水が一気に養殖場に流れ込んでしまった、ということです。

よく、「想定外のことが!」といいます。しかし、私が経験したこれらの出来事は、決して「想定外」ではないのです。想定し切れてない自分の「発想力」の足りなさと、「備え」の足りなさが招いたことです。

原発事故とその後の関係者の対応を見ていると、かつて私が経験したことと重なり、忸怩とした思いで、ひたすら早く収束へ向かって欲しい!と願っています。

絶対安心、安全はありえない!想定外などという言葉は安易に使ってはならない!

人間は自然を組み伏せることはできない。自然といかに調和していけるか!しかないのです!

コメント

BOZU さんからの コメント
日時 2011 年 4 月 7 日 の 10:20 PM

マスオくんパパさん、こんばんは。

パパさんの言われるとおりですね。
自然に生かされている人間が自然を押さえ込むことなんて土台無理な話です。
押さえつければ、その倍の力で跳ね返されることでしょう。

生かされている。その言葉の意味を考えれば、自分が弱者であることが理解できると思うんですけど・・。

想定外は人間側のことであって、自然が起こすことは自然の中では当たり前のこと。

福島が早く落ち着くこと、東北の復興が早くなされることを祈るばかりです。

マスオくんパパ さんからの コメント
日時 2011 年 4 月 8 日 の 11:55 AM

BOZUさん、コメントありがとう!
ぼちぼシーズンが近づいてきました。今年もトーナメントサイズのいい石ゴカイができてますよ!
考えてみれば、投げ釣りにしても、釣る場所の地形、風向き、潮の流れ、水温等々を考え、仕掛けやエサなどを工夫すると思いますが、結局のところ、自然に逆らってもいい結果は出ないと思うし、その時の自然条件を早く的確につかんで、順応した人がいい結果を出してるんじゃないか?と思うのですが、、
トーナメントの季節の到来とBOZUさんの活躍を楽しみにしている今日この頃です。

コメントをどうぞ

※メールアドレス、URLは必須ではありません。お気軽にコメントして下さい。





Get Adobe Flash player