Main menu:

文字拡大

2010年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

サイト内検索

アーカイブ

ブログランキング

キンノスケが円形脱毛症?

twitterで情報発信中、フォローしてね!
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - キンノスケが円形脱毛症?
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

久々に我が家のアイドル?キンノスケの登場です。

1週間ほど前のことですが、自宅の裏の空き地で「ギャーギャー」と猫の鳴き声。

キンノスケがどこかのオス猫と縄張り争いしてるんだろうと、あまり気にも留めなかったのですが、「キンノスケの泣き声がヘンだ」とセイコバーが様子を見に行ったところ、キンノスケの首輪が自分の口の中に入り込んでしまい、ちょうど「猿ぐつわ」をされた状態だったようです。

これでは、いかなキンノスケでもケンカに勝てない!

ところが、その晩から、、なにかのどにモノがつっかえたような、クシャミのよなかんじの状態が続いたので、ユミさんと、サイコバーのふたりがかりで病院にいったのです。

ここのドクターは、以前キンノスケの去勢手術をしていただいた先生で、キンノスケが「一筋縄ではいかない」ということを、よく知っていたのですが、

ドクターによると「歯の付け根が少しキズ付いている。一応、化膿しないように注射しときましょう」ということになりまして、

それまでは、ドクターがナデナデすると、おとなしくゴロニャンしていたようですが、いざ、注射!となったら、噛み付くは、引っ掻くは、火をふくは、で、三人がかりでも手に負えず、結局ユミさんが近所の100円ショップで洗濯ネットを買って来て、その中にキンノスケを押し込んで、やっとのことで注射できたようです。

「ふつう、これだけ人になついた猫は、おとなしく注射させるはずなんだけど?、こんなヤツ、見たことねー」。

ところが、病院から帰って、クシャミのようなことはなくなったのですが首の後ろに楕円形のハゲが!

「えらいこっちゃ!キンノスケが円形脱毛症になった。」

ドクターに電話で問い合わせたところ、「おそらく注射の液が漏れた跡でしょう、アイツがおとなしくしてないから。塗り薬をだしますから、取りに来てください。ところでアイツ、元気はいいんでしょ。」

ドクターV.Sキンノスケ。まるで仇同士みたいです。

ところでキンノスケ、最近やたらと凝っているのがこのチップス。

おやつ代わりに私が与えているのですが、最近では、他のものではダメでこのカリカリ(我が家ではこう云います)欲しさに、私のそばを離れようとしません。

あくまで、わがままで、自己中、自分がこの家の中心、という態度は変わりません。

えらい!

コメントをどうぞ

※メールアドレス、URLは必須ではありません。お気軽にコメントして下さい。





Get Adobe Flash player