Main menu:

文字拡大

2009年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

サイト内検索

アーカイブ

ブログランキング

言ったとたんに!

twitterで情報発信中、フォローしてね!
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 言ったとたんに!
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

そろそろ梅雨明けか?と言ったとたんに、九州、中国地方に集中豪雨。

被害に遭われた地域の方々には、お見舞い申し上げます。

さいわい、大分南部は、それほどの雨量ではなかったのですが、紙一重という感じもします。

梅雨に関しては、一般的に、「陽性」、「陰性」という言い方をしますが、陰性のほうは、ぐずついた天気が長く続き、うっとうしい、典型的な梅雨時期の天気という感じでしょうか。

一方、陽性と言われる梅雨は、およそ梅雨らしくない晴れの日が続いたかと思うと、一転、激しい雨に見舞われるというような感じでしょうか。

だいたい、大雨の被害がでるのは、この「陽性」型が多いようです。

おもに、梅雨末期に、こうした、集中豪雨による被害が多いようですが、それにしても、この近年、梅雨時期に限らず、こうした局地的な現象が異常に多いような気がします。

地球の温暖化等、自然現象だけでなく、山、川、農地、等、人工的なものによる現象も大きな要因かと思います。

ゴカイの養殖場も、台風や、豪雨による被害をたびたび受けてきましたので人事ではありません。

個人の力では、どうすることもできませんが、一人、一人が考えていかなくては!。

コメントをどうぞ

※メールアドレス、URLは必須ではありません。お気軽にコメントして下さい。





Get Adobe Flash player