Main menu:

文字拡大

2010年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

カテゴリー

サイト内検索

アーカイブ

ブログランキング

2010 年 2月 のア一覧

春は名のみの♪~

暦のうえでは立春を過ぎても、実際は寒い日が続くことはよくあります。

早春賦の歌にあるとうり、寒い日が続いております。

お陰で?風邪をひいてしまいまして、おまけにユミさんまでも!

インフルエンザか?と思い、医者にいったのですが「歳をとると、急激な気温の変化に体温の調節が利かなくなることはよくある。もうそれほど若くないのだから!」といわれ、インフルエンザの検査もナシ。

二人とも3日間ほどで熱も下がって、普段どうりの生活ペースに戻りましたが。

そんな我が家でただひとり、元気で、平然としていたのが、今年80歳のセイコバーでした。

そのセイコバー、ここ数日、夜中すぎに起きだして、冬季オリンピックを見ているとかで、昨日も「いったい何を見てたんだ」と聞いたところ、「スノボーだよ」との返事。

この調子で、今年もがんばってもらおう!

またまたうれしいお便り

東京のNさんから、またまたうれしいお便り頂きました。
臨場感あふれるお便りを原文のままお伝えします。

——————

仕事が終わってからの夜釣り・・・
風もなく、釣りやすそうな感じ。
いつものようにゴカイをドッサリ付け、思いっきり川の真ん中目指して投げる!

ビュウ〜ン!どぼ〜ん!

さて、横になろ、っと・・・  ごろん!

ウトウトウトウト・・・

いきなり『リン!リン!リン!リン!リン!リン!!』

うお〜!早速着た〜!一番左の竿!
せっせ、せっせ、と寄せて、抱きかかえて、ハイ!チーズ!
とやってる最中にもう一本の竿にも着た〜!左から二番目の竿!
思わずよろけるほどの引き!うれしいな〜。

会社でいじめられ、理解してくれる人もいないぼくを相手にしてくれる鯉がいる。

せっせ!せっせ!と寄せていたら『みぞれ』が『ばばばばばばー』
ひえ〜!

二匹目は撮影どころではありませんでした。

東京の鯉師、Nさん、今回は多摩川で – お客様からのうれしい便り PART IV

東京のNさんからまたまたまたうれしいお便りが届きましたので、ご紹介します。
臨場感あふれるメールありがとうございます。

———-

筑後川、遠賀川、荒川本流、隅田川・・・全然釣れずもうボロボロ・・・

心が折れかけていた中、原点に返ろう、と、ポイント再検討・・・

で、多摩川に行ってみました!

餌はゴカイ。ポイントさえ良ければ、鯉に食い気さえあれば釣れるはず、と。

竿は3本。

餌を投下して、さ~、横になろう・・・と、ゴロン、となった瞬間・・・

いきなりスズがリンリンリンリンリン!!!!!!

川に向かって一番左の竿だ!

竿の曲がり方も(・∀・)イイ!!

やっと鯉がキタ~!

早速寄せていたところ、一番右の竿もリンリンリンリンリン!!!!!!

おひょぉぉぉおおお!!!!!こんなの初めてだ~。

最初の鯉はネットに入れて、水の中に放置。

で、2番目の鯉は岸に寄せて、竿建てに竿を戻して放置。

最初の鯉から撮影して、リリースして、2番目の鯉と記念撮影、と・・・

やっとスランプ脱出・・・

やっぱり、ポイントってホントに大事ですね。

Get Adobe Flash player